2012年8月 8日

タレントの出産ラッシュ

最近タレントの出産を芸能コーナーで
耳にする。
ミキティ、ほしのあき、ゆうこりん、ユッキーナ他、
あの子もあの子も出産したんだぁ
あの辛い辛い陣痛時間を過ごしたんだぁ・・・と
私の経験時期をよみがえらす出産の言葉。
私は本当に痛くて長かった、26時間です。
男性には分からないあの痛み、体かたい人なら
分かるかも、柔軟した時の痛みです。
自分で柔軟して痛いと思ったら止められるけど、
後ろから10人でグワーっと両手両足体中押さえつけられて
「痛い」と叫んでも1分30秒は我慢です。
もう強烈です。我慢できたらまた数分休んでまた
痛みが襲ってきます。その痛みと言うのが
陣痛始まって最初のころは10分間隔で痛みが襲ってきて
だんだん5分間隔、3分間隔、1分間隔・・・・
出産が近付くにつれ短くなります。
もうね、私なんて「もう耐えられない!帝王切開に変えてー!」
って何度も陣痛室で叫びまくって、その度看護士が
「赤ちゃん下に降りてきて頑張っているのよ、お母さんも頑張って」
なんて励ましてくれているんだけど、「頑張れません」
なんて文句言い返しちゃうくらい痛すぎた。陣痛の痛みが弱くなってきたから
促進剤の点滴や、子宮口も開かないから子宮拡大注射もされ
散々な出産でしたよ、あの促進剤の点滴強烈。自然陣痛でも強烈に痛いのに
さらに痛い。
子供生まれてきたら感動して泣いちゃうよなんて良く聞くけど、
感動した喜びより「あの痛みが終わったぁ、解放された」の嬉しさの方が
何百倍も嬉しかった。
そして2時間分娩台で赤ちゃんと一緒にいるのだけど、その時やっと
ジワリジワリと「私赤ちゃん産んだんだ・・・」って母性愛が
出てきましたよ。
そんな難産で産まれてきた子供は5歳です。それと逆にツルンと
産まれてきた下の子。楽だったぁ。陣痛の痛みが弱いから絶対促進剤の点滴
やるんだ・・・ってブルーになっていたら「二人目以降の出産の人は
微弱陣痛の人多いです、今ちょっと子宮口みたら、さっき3センチでしたけど
いま5センチになっていますからこの痛さのまま出産になります」
なんて言われて超ラッキー。一人目と雲泥の差の出産でした。

入院の時、助かるのがマンガとか持ってきてくれるとめちゃくちゃうれしいですよね

あと、病院によっては出産後のお楽しみとして、フランスコース食べたり
エステしてくれる病院や助産院もあるみたい
私の病院は全くなかったですけど、出産費用が他の病院よりかなり安かったので
それだけで満足です^^

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.art-in-tokyo.jp/mtos/mt-tb.cgi/12

コメントする