保育士とチャイルドマンダーの違いを整理してみます。

保育士は国家資格になります。
国家試験に合格することにより取得できます。
少なくても2年から3年の実習経験が必要です。

また、指定された大学や短大、専門学校を卒業することにより
取得できるところもあります。

一方、チャイルドマンダーは民間資格となります。
一般的に保育所に就職するときには、保育士の資格が有利です。
保育園の先生になれるのは保育士です。

チャイルドマインダーは、自分で子育てを習いたい、
訪問保育の会社で働きたい、開業したいという方向けの民間資格です。
1人4人までの少人数制によるコミュニケーションを学べる
トレーニングプログラムが特徴です。

きちんとした保育園で就職して働きたいならば保育士の国家資格が必要ですが、
自分の子供との1対1のコミュニケーション技術を学びたいだけならばチャイルドマインダーで十分です。
つまり家庭的保育です。

チャイルドマンダーは代々木の説明会に行ってみるとわかるのですが、
半分以上の方は子育て未経験者が受講しています。